2008年09月02日

セミプロが教える「CATCH A WAVE」

テイクオフが簡単にできテクニックがバンバン上達する方法。
↓  ↓  ↓  ↓




■ サーフィンが最短で上達する方法。セミプロが教える「CATCH A WAVE」あなたもこれを読めばセミプロの仲間入り!明日からセミプロと呼ばれたくないですか?

西海岸カリフォルニアのサーフィンSHOPに10年間在籍し本場のプロを目の前で見てきたセミプロのサーファーが、さまざまなプロとプライベートを含む親交を深めながら研究を続けた末に完成したサーフィンノウハウ本です。

今では毎日のように海に出かけている彼も、最初からうまくいったわけではありません。
最初はこけてばかりの普通のサーファーだったのです。

でも決してあきらめることなく、プロのサーファーの理論を学んでいきました。そんな中、プロのサーファーたちの中に、ある共通の動きがあることを発見したのです。
個性的と呼ばれるプロでもメジャーチャンピオンでも必ずその動きをしているのです。

彼らがどのような練習をしてきたのか、
アップス&ダウンスについて何を気をつけているのか…
早速その動きを自分自身に取り入れて見ました。

するとテイクオフが簡単にできテクニックがバンバン上達していったのです。こける事もなくなり、かっこいい乗り方ができるようになりました。その「サーフィンの動き」を、上達したいと本気で思っている皆さんにお伝えしたい!
↓  ↓  ↓  ↓

■ サーフィンが最短で上達する方法。セミプロが教える「CATCH A WAVE」あなたもこれを読めばセミプロの仲間入り!明日からセミプロと呼ばれたくないですか?



<購読した方から…>



「もっと早くこの理論を知っていれば…」


今まで私は独学でサーフィンを練習していて、あらゆる雑誌や本、
TVの情報を調べては実践していました。
そんな事を続けていたら、知る事が絶対になかったであろう、
「究極の上達法」にライド、テイクオフ理論に驚きを憶えました。

特にサーフィンテクニック解説には「これは凄い!!」と思うものが随所に詰め込まれていて、猛烈な勢いで読破してしまいました。

「だから上手く乗れないのか」「ではこうするだけでいいのでは?」
と自分で原因が理解できて、解決方法を実行するという無駄の無い、自分に最適な練習方法で進める事が出来ました。

神谷さんのマニュアルには「乗り方」「泳ぎ方」のように漠然と書いてあるのではなく、「こういう乗り方をしている人は、このなっているから、こう意識をすれば、こんな風にになって、その結果これがが出来ますよ」と明確に理由が記されているので、納得しながら練習が出来るようになりました。

もっと早く、この理論を知っていれば・・・
私でも頑張ればプロのサーファーになれたのかな、と本気で思ったりもします。
これからもこのマニュアルを大切にして、日々努力していきます。



posted by wave at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。